HOME > 平成30年度 高エネルギー加速器科学セミナー

平成30年度 高エネルギー加速器科学セミナー

 この科目は、高エネルギー加速器研究機構で行われている研究を知ることによって、今まさに進歩している物理学の歩みを体験することを目標とします。扱うテーマは素粒子原子核物理から宇宙物理学、加速器物理学、さらには物性物理学まで多岐にわたり、高エネルギー加速器研究機構での最先端の研究がまさに新しい知の世界を拓いていることがわかるでしょう。
 各講義では、その分野の基礎的な事柄を解説した後、研究者を目指す学生の皆さんにとって興味深いホット・トピックスについて、第一線で活躍している研究者にわかりやすく講義していただきます。最終的には内容は最先端にまで及びますので、これから学ぼうとする皆さんには理解できなくて当然です。また、他分野の話は言葉の意味すら判らないこともあるでしょう。ですので、この講義では学生の皆さんからの積極的な質問が不可欠です。授業でのもやもやをそのままにせず、その場で解決させましょう。評価は、出席および授業での積極性を考慮してつけます。

School of High Energy Accelerator Science, SOKENDAI Holds a series of seminars titled “High Energy Accelerator Seminar”.
At the seminars, KEK researchers who play leading roles introduce various research activities conducted at KEK in plain language.

お知らせ

7月4日(水) J-PARCツアーについて

 日中から夕方にかけて、茨城県那珂郡東海村にあるJ-PARCにて施設見学を行います。参加のためには事前の申し込みが必要となっております。申し込み方法は別途お知らせします。

申込〆切 平成30年6月20日(水)
申込先 Eメールにて大学院教育係( kyodo2(at)mail.kek.jp )までお申し込みください。
※(at)を@に置き換えてください。
件名を「J-PARC見学参加希望」として、本文に氏名、KEK所属、KEK受入身分、宗教上などの理由で食べられない物(ベジタリアンなど)を記載して提出してください。
また、外国人の方は”Visit Proposal“を記入・添付して提出してください。
概要 日時:平成30年7月4日(水)
場所:大強度陽子加速器施設(J-PARC)
   高エネルギー加速器研究機構 東海キャンパス
対象:総研大生はもちろん、それ以外の方の参加も歓迎いたします。
費用:昼食代
日程 9:00頃 つくばキャンパス発
17:00頃 つくばキャンパス着
(詳細なスケジュールについては、参加者に追ってお知らせします。)

Notice

“J-PARC Tour” as a part of High Energy Accelerator Science Seminar

We will hold J-PARC Facility Tour as a part of this seminar.

application deadline June 20th (Wed.)
How to apply Please fill out the “Visit Proposal
and tell us your name, your affiliate at KEK, your Status in KEK, your Birth date
and please tell us if there are any foods or beverages that you cannot have because of your religion, creed, health or any other reasons.
Outline of Seminar Date: July 4th, 2018 (Wed)
Place: KEK Tokai Campus (J-PARC)
Eligibility: all Sokendai Students. Graduate Students and Postdocs
Fee: lunch fee(to be annouced)
Schedule 9:00AM Departure from Tsukuba Campus
5:00PM Arrival at Tsukuba Campus
*SOKENDAI will support your transportation between TSUKUBA and TOKAI by bus.
(We will announce the details to the participants later.)

詳細

ポスタークリックで拡大PDFを表示

過去の講義

平成29年度/平成28年度/平成27年度/平成26年度