HOME > 平成27(2015)年度高エネルギー加速器科学セミナー

平成27(2015)年度高エネルギー加速器科学セミナー

概要

この科目は、高エネルギー加速器科学研究機構で行われている研究を知ることによって、今まさに進歩している物理学の歩みを体験することを目標とします。扱うテーマは素粒子原子核物理から宇宙物理学、加速器物理学、さらには物性物理学まで多岐にわたり、高エネルギー加速器研究機構での最先端の研究がまさに新しい知の世界を拓いていることがわかるでしょう。各講義では、その分野の基礎的な事柄を解説した後、研究者を目指す学生の皆さんにとって興味深いホット・トピックスについて、第一線で活躍している研究者にわかりやすく講義していただきます。最終的には内容は最先端にまで及びますので、これから学ぼうとする皆さんには理解できなくて当然です。また、他分野の話は言葉の意味すら判らないこともあるでしょう。ですので、この講義では学生の皆さんからの積極的な質問が不可欠です。授業でのもやもやをそのままにせず、その場で解決させましょう。評価は、出席および授業での積極性を考慮してつけます。

スケジュール

日時◆毎週水曜 午前10時から12時
場所◆高エネルギー加速器研究機構 つくばキャンパス 研究本館1階 会議室1
前期 講師 テーマ
 4月15日 花垣 和則

LHC実験の展望 (J)

 4月22日 木村 正雄 
Masao Kimura

R&D of materials and processes in terms of reaction observation
using synchrotron  - control of km & ton through nm -
(放射光による反応観察と材料/プロセス開発~ナノ(nm)で
キロ(km)/トン(ton)を制御する~) (E)

 5月13日  髙山 健

加速器の原理と歴史 (J)  休講

 5月20日 野尻 美保子
Mihoko Nojiri

Why the Standard Model (SM) is insufficient
(標準模型を超える物理はなぜ必要か) (E)

 5月27日 野尻 美保子
Mihoko Nojiri

Models beyond the SM confront experiments
(標準模型を超える物理と素粒子実験) (E)

 6月3日 田中 真伸

計測技術の基礎と発展 (J)

 6月10日  荻津 透
Toru Ogitsu

Superconducting Magnets on Accelerator Science
(加速器科学における超伝導磁石) (E)

 6月17日 郡 和範
Kazunori Kohri

Frontiers of Inflationary Cosmology
(インフレーション宇宙論の最前線) (E)

6月24日
 -25日  

 

KAGRA見学 ※要申込 (J)

 7月1日 郡 和範
Kazunori Kohri

Gravitino problem in supergravity cosmology
(超重力理論にもとづく宇宙論におけるグラビティーノ問題) (E)

 7月8日 阿部 哲郎

加速器における高周波加速 (J)

 7月15日 遠藤 仁
Hitoshi Endo

Structure and Dynamics of Materials Studied by Neutron
Scattering
(中性子散乱で観る物質の構造とダイナミクス) (E)

 9月16日 髙山 健

加速器の原理と歴史(J)  ※5月13日休講分振替

  

(J)は日本語での講義、(E)は英語での講義になります。

後期 講師 テーマ
 10月7日 田島 治

CMB実験の最前線 (J)

 10月14日 西田 昌平
Shohei Nishida

Belle II Experiment is getting ready
(いよいよ始まるBelle II 実験) ※見学あり (E)

 10月21日  柴田 恭

SuperKEKB加速器 ※見学あり (J)

 10月28日 塩見 公志

中性K中間子の稀崩壊探索実験 (J)

 11月4日 清水 伸隆

物質の階層構造性を探る 生命から機能性材料まで (J)

 11月11日 溝口 俊弥
Shun’ya
Mizoguchi

Introduction to superstring theory 1
(超弦理論入門 1) (E)

 11月18日  溝口 俊弥
Shun’ya
Mizoguchi

Introduction to superstring theory 2
(超弦理論入門 2) (E)

 11月25日 中平 武
Takeshi
Nakadaira

Recent results and Future Prospects of accelerator-based 
neutrino experiments
(加速器ニュートリノ実験の最新結果と将来展望) (E)

 12月2日 兵頭 俊夫
Toshio Hyodo

Topmost crystal surface observed by total-reflection
high-energy positron diffraction (TRHEPD)
(全反射高速陽電子回折(TRHEPD)で見る結晶最表面) (E)

 12月9日 土手 昭伸

ハドロン原子核物理、最前線 (J)

 12月16日 山田 憲和
Norikazu
Yamada

Lattice field theory
(格子場の理論) (E)

 1月13日 下村 浩一郎

ミュオン科学概論 (J)

 1月20日 高橋 俊行

ストレンジネス核物理 (J)

 2月3日 藤井 恵介
Keisuke Fujii

Physics all ILC
(ILCの物理) (E)

 2月10日 三原 智
Satoshi Mihara

Muon experiment to explore physics beyond the standard
model
(ミューオンで超える素粒子標準模型) (E)

 2月17日 岸本 俊二
Shunji
Kishimoto

Development of new detectors in synchrotron radiation
science
(放射光科学における検出器開発) (E)

セミナーポスターはこちら
平成27(2015)年度の講義のスライドはこちらをご覧ください。(機構内からのみアクセス可)

過去の講義

2014年度(機構内からのみアクセス可)

2013年度(機構内からのみアクセス可)

2012年度

2011年度