HOME > 研究科について > 授業科目 > 平成23年度授業科目 > 平成23年度 物質構造科学専攻授業科目

平成23年度 物質構造科学専攻授業科目

*シラバス(PDF)を見るには各授業科目名をクリックしてください。

no. 授業科目 単位 概要 担当教員
放射光光源計測科学
A01 放射光光源論Ⅰ 2 放射光発生の原理、電子蓄積リングの構造と機能、光を各種実験装置へ導く加速器技術に関して講述する 教授 前澤秀樹
A02 放射光光源論Ⅱ 2 各種放射光の発生原理、偏光性、可干渉性、光ビーム特性の評価と診断、自由電子型レーザー発振の機構、等について構述する 教授 山本樹
A03 放射光計測論Ⅰ 2 放射光の散乱、回折、吸収等の現象を測定し解析する為の実験装置の特性、構造と機能、実験上の誤差等について講述する 教授 野村昌治
A04 放射光計測論Ⅱ 2 放射光実験で用いられる放射線検出器とその使用例について講述する 准教授 岸本俊二
A05 放射光回折散乱論 2 放射光の物質による回折、散乱現象の物理に関して講述する 教授 河田洋
A06 X線結像光学 2 X線の吸収、散乱、位相、屈折、伝搬などを用いて物質内部を可視化するための原理と、その応用について講述する。 准教授 平野馨一
A07 放射光原子分子分光学 2 原子分子の光電離に関して、その基礎概念、及び電子相関の効果、等を講述する。 教授 柳下明
A08 放射光固体分光学Ⅰ 2 円偏光放射光を用いた固体分光学、特にナノ物質の電子状態に関して講述する 准教授 小出常晴
A09 放射光固体分光学Ⅱ 2 放射光を用いた固体の光電子分光学、特に磁性体の電子状態に関して講述する 准教授 小野寛太
A10 X線吸収分光計測化学Ⅰ 2 放射光を用いて、物質に関する各種の化学的情報を計測する為の原理と、その応用について講述する 教授 飯田厚夫
A11 X線吸収分光計測化学Ⅱ 2 X線吸収および蛍光X線発光を用いた化学研究について講述する。 教授 野村昌治
A12 放射光応用医学 2 放射光を用いた医学応用に関して、社会的背景、画像情報を得るための原理とその応用、治療への応用、医学研究の倫理を講述する。 講師 兵藤一行
放射光物質構造科学
B01 物質構造科学原論 2 物質構造科学の基礎的概念について講述する。 教授 下村理
B02 生体分子構造解析論Ⅰ 2 蛋白質等、生命体を構成する生体高分子の構造を放射光回折によって決定する方法の講述する。 教授 若槻壮市
B03 生体分子構造解析論Ⅱ 2 准教授 加藤龍一
B04 分子生物学 Ⅰ 2 現代生物学の基礎となった分子生物学について、遺伝子と細胞レベルでの知見について講述する。 准教授 加藤龍一
B05 分子生物学 Ⅱ 2 准教授 加藤龍一
B06 放射光生物物理 2 生物中の細胞、遺伝子、高分子が、放射光照射を受けた事により起こす変化に関して講述する。 教授 小林克己
B07 放射光構造物性論 2 放射光を利用した構造物性研究について、強い電子相関の問題等を中心にして講述する。 教授 村上洋一
B08 放射光動的構造解析論 2 放射光のパルス性を用いた動的構造解析法に関して講述する。 教授 足立伸一
B09 極端紫外分子分光学 2 極端紫外分光法の基礎について講述し、この手法をもちいての分子科学研究の展開について述べる。 教授 伊藤健二
B10 放射光表面分光科学Ⅰ 2 放射光を利用した表面化学研究の原理とその応用に関して講述する。 准教授 間瀬一彦
B11 放射光表面分光科学Ⅱ 2 回折格子を用いた軟X線分光法の基礎,およびそれを用いた表面の原子構造・電子状態の解析について講述する。 准教授 雨宮健太
中性子ミュオン科学
C01 中性子回折散乱論Ⅰ 2 中性子回折、中性子散乱、等から得られる微視的情報と、物質の巨視的性質や機能との関係につき講述する。 教授 池田進
C02 中性子回折散乱論Ⅱ 2 種々の物質による中性子線の散乱、回折現象に関し基礎から応用までを講述する。 教授 大友季哉
C03 中性子回折散乱論Ⅲ 2 中性子散乱測定によって得られる物質の磁気的励起状態に関して講述する。 准教授 伊藤晋一
C04 中性子結晶学 2 複合材料、ナノ材料等における中性子結晶構造研究を講述する。 教授 神山崇
C05 中性子光学概論 2 中性子ビームの性質を制御するための分光器、ミラー、レンズなどの光学素子、それらを組み合わせた光学系について講述する。 教授 清水裕彦
C06 ソフトマター物理学基礎論 2 高分子、液晶、コロイド、両親媒性分子系などの「ソフトマター」と呼ばれる物質系を、物性物理学的な立場からどのように理解するかについて概説する。 教授 瀬戸秀紀
C07 ミュオン科学 2 ミュオンやパイオンを用いた中間子科学研究の基礎につき講述する。 教授 三宅康博
C08 ミュオン物性科学 2 ミュオン・スピンの回転、緩和、共鳴を用いた物質の磁性や水素の挙動の研究につき講述する。 教授 門野良典
共通
S01 物質構造科学特別演習Ⅰa 各2 高エネルギー加速器研究機構の諸施設を利用して、物質構造科学に関する基本的な手法および専門的知識を習得する。 専攻担当教員全員
物質構造科学特別演習Ⅰb
物質構造科学特別演習Ⅱ 4
S02 物質構造科学特別研究 Ⅰ 各4 物質構造科学の基礎的、先端的、応用的個別研究課題について指導教員のアドバイスの下に研究する。
物質構造科学特別研究 Ⅱ
物質構造科学特別研究 Ⅲ
物質構造科学特別研究 Ⅳ
物質構造科学特別研究 Ⅴ