HOME

総合研究大学院大学(総研大)は、大学共同利用機関を活用し、幅広い視野を持った国際的で独創性豊かな研究者の養成と、従来の学問分野の枠を越えた独創的学術研究の開拓・推進を目指して、1988年に我が国最初の大学院大学として創設されました。高エネルギー加速器研究機構(KEK)には、総研大高エネルギー加速器科学研究科に属する加速器科学専攻、物質構造科学専攻、素粒子原子核専攻が設置され、KEKで行われる研究活動を基礎に3専攻が緊密に協力して大学院教育を展開しています。

コラム>>コラム一覧

2019年度「KEK新入生・在校生ガイダンス」を開催

 4月5日(金)、KEKつくばキャンパスの研究本館会議室にて「新入生・在校生ガイダンス」が行われました。  高エネルギー加速器科学研究科の新入生はじめ、4月より新たにKEKに受け入れられた連携大学院学生、特別共同利用研究… >>read more

加速器科学専攻の学生が第2回SOKENDAI賞を受賞

本研究科の加速器科学専攻 玄 知奉 氏が第2回SOKENDAI賞を受賞しました! SOKENDAI賞は、本学の理念と目的に照らして、特段に顕彰するに相応しい研究活動を行い、その成果を優れた学位論文にまとめて課程を修了し、… >>read more