HOME

総合研究大学院大学(総研大)は、大学共同利用機関を活用し、幅広い視野を持った国際的で独創性豊かな研究者の養成と、従来の学問分野の枠を越えた独創的学術研究の開拓・推進を目指して、1988年に我が国最初の大学院大学として創設されました。高エネルギー加速器研究機構(KEK)には、総研大高エネルギー加速器科学研究科に属する加速器科学専攻、物質構造科学専攻、素粒子原子核専攻が設置され、KEKで行われる研究活動を基礎に3専攻が緊密に協力して大学院教育を展開しています。

コラム>>コラム一覧

2018年度6月大学院説明会(東京)について

総研大・高エネルギー加速器科学研究科は、平成30年10月・平成31年4月入学希望者向けの大学院説明会を6月9日(土)に東京にて開催いたします。高エネルギー加速器科学研究科・研究科内3専攻の案内や各専攻で取り組まれている研… >>read more