HOME > 実験グループ > 研究内容 > 中性子基礎物理研究

中性子基礎物理研究

中性子をすべての物質が凍り付く温度まで冷却し、物質容器に閉じ込めている。このような中性子は超冷中性子と呼ばれている。超冷中性子に電場をかけ、スピン才差運動の観測から電気双極子能率の大きさを測定し、宇宙における物質創成の謎に迫ろうとしている。測定感度を上げるため、超冷中性子を大量に発生する世界最強の装置を作っている。

教員リスト

研究サイト


最終更新日:2017/05/26