HOME > 理論グループ > 研究内容

研究内容

KEK理論センターでは大きく分けて、以下の5分野の研究が精力的になされています。

  1. 素粒子現象論
  2. 格子ゲージ理論
  3. 超弦理論・重力・量子基礎論
  4. 宇宙物理学
  5. ハドロン原子核理論

これらの項目を眺めただけでも、KEK理論センターで行われている研究のスペクトルの広さがおわかりいただけると思います。またKEKでは毎年様々なテーマで研究会が開かれ、日本全国から大勢の研究者が集まります。さらに共同利用研究所としての特徴として、海外からも短期長期を問わずビジターが多く、世界的にも研究拠点として注目され続けてきました。こうした恵まれた環境の中で、世界をリードする新しい研究成果が次々と生み出されております。


最終更新日:2017/05/18