HOME > 理論グループ > 教官プロフィール > 超弦理論・重力・量子基礎論スタッフ

超弦理論・重力・量子基礎論スタッフ

磯 暁

研究分野

素粒子論

研究内容

私が目指していることは

  • 階層性問題(ヒッグス粒子の安定性と超対称性の破れ方)
  • バリオン数の起源と初期宇宙論
  • 宇宙項問題や暗黒エネルギーの起源

これらの難問に対して、(非平衡)場の量子論、超弦理論などの基本に立ち戻って解決の糸口を見つけ出すことです。最近では、スケール不変性を軸に階層性問題を捉えなおす研究、原始インフレーションと現在の暗黒エネルギーを結びつける試みなどを模索しています。研究では、他人と違った視点をもてることが大事だと考えています。みなさんも、自分なりのやり方で物理現象を理解するように心がけてください。

北澤 良久

研究分野

超弦理論

研究内容

超弦理論の非摂動論的定式化をめざす行列模型の研究

筒井 泉

研究分野

量子基礎論、場の量子論

研究内容

量子力学の基礎に関する問題(非局所相関の物理、物理量と量子測定、量子状態の解釈、量子力学の数学的構成など)を主に研究しています。また、場の量子論とトポロジーの問題(時空や物理系の大域的性質に起因する量子効果など)も研究対象にしています。

個人のホームページはこちら

西村 淳

研究分野

超弦理論、場の量子論

研究内容

超弦理論や場の量子論の非摂動的性質の研究を行っています。特にQCD(量子色力学)の研究において重要な役割を果たしてきた格子ゲージ理論の方法を、これまで難しいとされた超対称性がある場合や有限密度の場合などにも拡張することにより、素粒子論における様々な問題に取り組んでいます。例えば、超対称ゲージ理論の数値的研究により、超弦理論から予想されている「ゲージ/重力対応」の検証および、ブラックホールの量子論的性質に関連した研究を行っています。また、超弦理論の非摂動的定式化として提唱されている超対称行列模型の数値的研究により、宇宙の始まりを再現できる可能性にも取り組んでいます。

個人のホームページはこちら

夏梅 誠

研究分野

超弦理論

研究内容

超弦理論での重力の諸問題に興味を持っていますが,近年はAdS/CFT双対性の応用を中心に研究しています.特に,クォーク・グルーオン・プラズマ,物性系,流体力学など,現実の強結合場の理論を重力理論を使って解析しています.

個人のホームページはこちら

浜田 賢二

研究分野

量子重力理論、共形場理論、及びその宇宙論的意義

研究内容

宇宙の誕生期やブラックホールの内部では重力場の量子的な揺らぎが大きくなり、距離の概念が失われたいわゆる背景独立な世界が実現すると考えられています。そのような時空を表現する場の理論として、プランクエネルギースケールを超えた世界を特別な共形場理論で記述する繰り込み可能な重力の量子論を提案し、研究しています。

個人のホームページはこちら

溝口 俊弥

研究分野

超弦理論

研究内容

行列模型、特にそれに関連した可積分構造の観点から、コンパクト化された超絃とその有効ゲージ理論の研究をしています。また、超絃やその背後にある数学のいたる所に現れる例外型(特にE8)対称性が、より現実的な理論と関係する可能性(例えば有理楕円曲面を含む空間へのコンパクト化による標準模型の構成など)についても興味をもっています。


最終更新日:2017/05/18