HOME > 理論グループ > 教官プロフィール > 格子ゲージ理論スタッフ

格子ゲージ理論スタッフ

橋本 省二

量子色力学(QCD)の格子シミュレーションとフレーバー物理への応用がおもな研究です。フレーバー物理というのは、B中間子やK中間子の崩壊を調べることでループ効果にあらわれる(かもしれない)新粒子の影響を探る研究です。クォークは強い相互作用をするので理論的な計算には非摂動的な手法が必要です。これをシミュレーションで計算してやろうというわけです。やればやるほど思うのですが、QCDは奥が深い。でもいつかは素粒子反応だけではなく原子核の形成までQCDの第一原理から計算できるかも。いや、できるようにしなければいけませんね。

太田 滋生

ハドロン物理学。陽子、中性子、中間子のように強い相互作用をする素粒子を総じてハドロンと呼ぶ。ハドロンはクォークとグルーオンから構成されている。クォークとグルーオンの物理は量子色力学(Quantum Chromodynamics=QCD)に従う。このQCDからハドロンの質量や遷移行列要素をもとめるにはKen Wilsonによって創始された格子上の場の量子論の方法による数値計算が必要である。これが格子QCD数値計算である。従来の格子QCD数値計算では、ハドロン物理学で重要なカイラル対称性を十分正確に記述することができなかったが、理研BNL研究センターとコロンビア大学との共同研究によって開発した 1TFlos (TFlops=Tera Flops=1012 Flops=毎秒1兆回の浮動小数点数値計算を行う計算速度)級のQCDSP(QCD with DSP)と10TFLops級のQCDOC(QCD On a Chip)専用スーパーコンピューターによって、Domain Wall Fermions (DWF)法という、5次元の格子を用いる方法によりこの困難を解決した。現在はこの手法を用いてK中間子の崩壊過程に現れるCP対称性非保存に関わる遷移行列要素やハドロンの構造に関する数値計算を行っている。

金児 隆志

研究テーマは、場の量子論を時空格子上に定式化して、 数値シミュレーションによって非摂動論的に解くことです。 場の量子論は素粒子標準理論の基礎的な枠組みを与えますが、 従来の解析的な摂動論では理解することが難しい自然現象が数多く存在します。 強い力によるクォークの閉じ込めや、クォーク・グルーオン・プラズマへの相転 移は良い例です。 また、標準理論では記述できない新しい物理現象の探索を目指して、 Belle IIなどの大型加速器実験が進められていますが、 実験結果の解釈には、量子色力学に基づいたハドロンの諸性質の理解が欠かせま せん。 場の量子論が記述する世界をコンピュータ上に再現し、 様々な非摂動論的現象を精密に研究することを目指しています。 なお、良く聞かれるのですが、この分野に進むのに、コンピュータの予備知識は 必要ありません。。

山田 憲和

素粒子現象論の諸問題の進展を念頭に、QCDを含む強結合ゲージ理論の諸性質を 数値的及び解析的に研究している。 テーマは、例えば、有限温度相転移の次数及び臨界指数の決定やそれに関する場 の理論的な問題の解決、 様々な観測量の標準模型の予言の精密化、QCDの非摂動効果の解明等。


最終更新日:2017/05/18