HOME > 実験グループ > 研究活動

研究活動

このページでは、素粒子原子核研究所の実験系研究グループの日常的な研究活動についてご紹介します。

セミナー・研究会

研究所の定例のセミナーとして、「KEK 物理セミナー」(火曜日16:00–17:00)が開かれます。国内外の方々を講師としてお招きして、素粒子原子核物理の実験と理論の両面から関心を持たれているトピックスや最新の研究結果について議論します。世界的に著名な研究者による特別セミナーも開催されます。セミナーは(国内の講演者であっても)原則として英語で行われます。

また、理論分野に特化したセミナーとして「KEK 理論セミナー」もあります。

KEKでは、全国大学共同利用機関として、各種の国際会議、ワークショップ、研究会、セミナーが頻繁に開催されています。
今週開催される会議とセミナーはKEKの研究者向けページに掲示されます。
今後開催される予定の会議とセミナーの全リストはこちらをご覧下さい。

日常的な研究活動、自主ゼミなど

研究活動は、各実験系グループを中心として行われます。グループ打ち合わせ、測定器・解析グループ毎の定例ミーテイング、国内外の大学のチームをつないだテレビ会議、輪講、勉強会、文献紹介(雑誌会)、自主ゼミなどが行われ、大学院生も研究者の一人としてそれらに参加します。

所内で自主的に開催されているセミナーや講義については、
例えば

をご覧下さい。

KEKだけではなく世界中の若手研究者の研究生活をリアルに綴った「Quantum Diaries」が公開されています。関心のある方はご覧下さい。

KEKでは、正式なスタッフの他に博士の学位を取って間もない若手研究員(ポスドク)、そして総研大院生の他に、

  • 全国の大学から共同利用実験のために滞在している大学院生
  • 他大学の大学院生で、特別共同利用研究員として受け入れた方々
  • 東京大学大学院物理学専攻(学際理学講座)などの大学院生

などの沢山の大学院生たちが実験に参加しています。
KEKのスタッフはこれらの人々に対して、分け隔てすることなく、日常的に議論と研究指導を行っています。

実際の研究活動については、各グループに問い合わせて下さい。


最終更新日:2010/02/22